クレンジングといっても、タイプがたくさんあるのはご存知でしょうか?

オイル、ミルク、バーム、泡、クリーム、ジェル‥‥など、形状が違うものや、オイルフリーのものや無添加のもの、ニキビに特化したもの、W洗顔不要のものなど、挙げればキリがないほど多くの種類があるクレンジング。

あなたはどのタイプのクレンジングを使用していますか?

実は、クレンジングはスキンケアの中でも一番重要とされているもの。

いくら高級な化粧水や美容液、乳液などを使ったり、パックをしてみたり、美容クリニックに行っても、”クレンジング”だけは関係ありません!

そんな奥の深いクレンジングについて今回はお話ししていきたいと思います。

クレンジングの種類について

先程も言ったように、クレンジングには多くの種類がありますので、何が違うのか?をまずはご紹介していきますね。

■ オイルクレンジング
一番洗浄力の高いクレンジング。
濃いリップやマスカラなどにも馴染みやすく、とくに落ちやすいのが特徴です。

■ クリームクレンジング
クレンジングの中でも、肌への負担が少ないのがクリームタイプ。
洗い上りがしっとりしているのが特徴ですが、メイクなどは落ちにくいです。

■ リキッドクレンジング
洗浄力が高めなのに、水ベースで作られたトロっとした使い心地のもの。
まつエクをしている人でも使えます。

■ 水クレンジング
リキッドタイプに似ていますが、リキッドよりもサラサラ。
洗い流しも洗顔も不要で、ササっと終わらせたい方にオススメ。

■ ジェルクレンジング
ジェルはメイクや汚れにしっかり密着してくれるジェル状で、オイルタイプと同じく洗浄力は高いです。
塗れた手でも使えるところが特徴です。

■ バームクレンジング
バームタイプはW洗顔不要のものが多く、お肌にも優しいです。
わたしも使用したことがありますが、油膜が貼っている感じがあり洗い残し感が少しありました。

■ ミルククレンジング
クリームタイプからより肌への負担が少なくしたもの。
乾燥肌や敏感肌の人にはオススメですが、洗浄力はやや弱めなので物足りないかもしれません。

■ クレンジングシート
とにかく手軽にメイクをオフするためのもの。
外出先でもできるので簡単ですが、肌を刺激することになるので荒れる可能性があります。

これが正しいクレンジングの使い方

わたしは結構ズボラなタイプなので、お風呂でパパっと済ませてしまうタイプなんですが‥‥

これを機に正しいクレンジング方法を学んでいきたいと思います。

①メイクを落とす前、しっかりと手を洗う
意外としていない方、多いんじゃないでしょうか?

クレンジングを行う前にしっかりと手を洗うことで、手についている雑菌などが顔につくことを防げます。

手には意外と雑菌が多いため、石鹸を使って正しいクレンジングの準備をしましょう。

②目や口元などのポイントメイクは事前に落とす
メイクは部分ごとにしっかり具合が違いますよね。
とくにウォータプルーフのマスカラや、濃いめのリップをつけている場合は、専用のリムーバーで落としてから顔全体のクレンジングに移りましょう。

顔全体用のクレンジングでは、そういったポイントメイクが落ちにくく、残ったままになってしまう可能性があります。
専用のリムーバーを使うのが少し面倒だな…と思う方はなるべく薄化粧をするようにして、負担をかけないようにするのが良いかもしれません。

おすすめの記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう