クリスチャン・スキニーは着圧ソックスのため伸縮性があり、脚の形状によっては履き口がめくれてしまうことがあります。

そんなときの対処法についてご説明します。

1 まずは正しい履き方を試す

もし、正しい履き方を試していない場合は、まずは正しい履き方をお試しください。

1 かかとの位置をみながらクリスチャン・スキニーをたぐりよせてクシュっと短くし、つま先をいれます。

2 足首まで引き上げ、かかとの位置を調整します。
伸縮性があり最初は履きにくいかもしれませんが、足首から上はスムーズに引き上げることができます。

3 クリスチャン・スキニーを少しずつ均等に膝まで引き上げます。
このとき、シワができないよう気をつけましょう。

4 リブ編みで囲まれた丸い部分を膝に合わせ、太ももまで引き上げます。

5 シワができないように引き上げ、履き口を調整します。

2 足の付け根までクリスチャン・スキニーを引き上げる

クリスチャン・スキニーはロングタイプのため、脚の付け根近くまであります。

もう少し引き上げて、脚の付け根まで覆います。

もし、かかとや膝の位置がずれてしまっても気にせず、脚の付け根まで引き上げましょう。

脚の付け根は太ももの最も太いところよりも細いため、めくれにくくなります。

3 靴下のりを使用する

肌に直接塗って使用する靴下止めをお試しください。

4 ガーターベルトを使用する

ガーターベルトを使用することで履き口のめくれを予防できます。

おすすめの記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします